ある文系研究者の日常

2017/04  |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  |  2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市立大学大学院文学研究科COE国際シンポジウム

都市文化理論の構築に向けて

Towards the Construction of Urban Cultural Theories

会場:大阪市立大学全学共通教育棟811

2006年3月18日(土)13:00~17:30、3月19日(日)10:00~17:15

第1部〔3月18日(土)13:00~17:30〕
The plural and cosmopolitan culture in Asian cities(アジア諸都市における多元性とコスモポリタンな性格)
Anthony Reid (National University of Singapore) The Cosmopolitan City as an Asian Maritime Tradition(「アジアにおける沿海貿易の伝統としての世界都市」)
濱下 武志(京都大学)Historical Transformation of Coastal Urban City Networks in East China Sea Zone(「東アジア海域における沿海都市間ネットワークの歴史的変遷」)
中川 眞(大阪市立大学)Dynamics of the creation of urban culture in Southeast Asia in the globalized era(「グローバル化時代における東南アジアの都市文化創造のダイナミックス」)
*コメンテーター:大黒 俊二(大阪市立大学)
第2部〔3月19日(日)10:00~17:15〕
都市文化創造のための基礎研究―多元的考察と資源化―(Basic Studies for the Creation of Urban Culture : Plural Analysis and Resource Making)
第1セッション
仁木 宏(大阪市立大学)「前近代日本における都市空間と文化形成」
伊藤 毅(東京大学)「都市・空間・文化」
辛 徳勇(北京大学)「清代都市の路上に見る公共文字情報」
第2セッション
ケ 永成(香港バプテイスト大学)「今日の中国のアーバニズム/都市性―『都市革命?』」
山野 正彦(大阪市立大学)「都市景観の解釈と再構築―文化・政治地理学の視点から―」
関根康正(日本女子大学)「『ストリートの人類学』という構想」
第3セッション
森 洋久(大阪市立大学)「文化資源のための空間情報処理」
高野光平(東京大学)「広告は都市文化の『理想』 を記録する ―初期テレビCMアーカイブスを例に―」
総括討論

入場無料(申し込み不要)

使用言語:1日目は英語のみ、2日目は日本語のみ。

トニー先生、ここんとこ毎年日本に来てませんか?確かサバティカル中と聞きましたが、先生が関わってる本でforth comingなものがいくつかあるので、そっちの方も早くお願いします(笑)。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://quedong.blog16.fc2.com/tb.php/80-d33e71ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。