ある文系研究者の日常

2017/04  |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  |  2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本史研究会4月例会

日時:4月19日(土)午後1時半~5時
場所:機関紙会館五階 会議室
(京都市上京区新町通丸太町上ル東側地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩五分、市バス府庁前下車すぐ)

テーマ「海外史料にみる近世日本」

報告:
岡美穂子(東京大学史料編纂所)
「南蛮貿易商品の詳細価格について ―セビーリャ・インド文書館史料の分析から―」
鈴木康子(花園大学)
「オランダ史料と長崎」

近年の近世対外関係史研究においては、日本に所在する史料や刊行された海外史料に加えて、海外に所在する史料をも合わせて考察することにより、より多面的な実相を描き出す研究が進展している。また、こうした日本史研究者による海外史料の利用は、海外における日本史研究との交流を促進する意義も有している。

本例会は、日本史研究における国際交流を意識し、海外、特にヨーロッパを対象として取り上げ、海外史料利用の日本史研究における意義、海外における日本史研究の動向等について議論する場としたい。

入場無料。一般来聴歓迎。

問い合わせ
日本史研究会
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://quedong.blog16.fc2.com/tb.php/300-1e70eb8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。