ある文系研究者の日常

2017/04  |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  |  2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東南アジア考古学会 第181回例会

今月の例会は、上智大学アジア文化研究所東南アジア考古研究会と共催にて開催いたします。今回は、カンボジアのコーケー遺跡において遺跡の保存修復や周辺住民への村落調査等を行ってこられたティナ氏に、研究成果をご報告いただくことになりました。

皆様、万障お繰り合わせうえ、是非ご出席下さいますようお願い申し上げます。

  • 発表:ティン・ティナ (Tin Tina)氏(上智大学大学院博士後期課程)
  • 題目:「Forest Exploitation Case of Koh Ker village, Preah Vihear Province, Cambodia(カンボジアのプレアヴィヒア州コーケー村における森林開拓と遺跡保存)」
  • *当日の発表は英語で行います。
  • 日時:2007年3月17日(土)15:00~17:00
  • 場所:上智大学2号館 6階630-a会議室(JR中央線・東京メトロ丸ノ内線・南北線四ッ谷駅下車、徒歩5分)
東南アジア考古学会:
〒890-0085 鹿児島市郡元1-21-30
鹿児島大学法文学部人文学科比較考古学研究室内
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://quedong.blog16.fc2.com/tb.php/245-2067bab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。