ある文系研究者の日常

2017/04  |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  |  2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回日本マレーシア研究会(JAMS)研究大会

  • 開催日:2006年12月2日(土)・3日(日)
  • 会場:立教大学新座キャンパス6号館2階ロフト教室(N623)
  • 〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
  • ※新座キャンパスへのアクセスは以下のウェブをご覧下さい。
  • http://www.rikkyo.ne.jp/grp/kohoka/campusnavi/index.html
  • 12月2日(土)

    • 13:00 受付開始
    • 13:30-40 開会の辞

    第1セッション フロンティアから見たマレー(ムラユ)世界

    • 13:40-50 趣旨説明 弘末雅士(立教大学)
    • 13:50-14:30 報告1 遠藤正之(立教大学大学院)
    • 14:30-15:10 報告2 黒田景子(鹿児島大学)
    • 15:10-15:50 報告3 山本博之(京都大学)
    • 15:50-16:05 コメント1 井口由布(立命館アジア太平洋大学)
    • 16:05-16:20 コメント2 伊藤眞(首都大学東京)
    • 16:20-17:20 総合討論
    • 17:20-18:10 会員総会
    • 18:15-20:00 懇親会(立教大学新座キャンパス新座学生食堂2階)
    • ※一般 3000円、学生2500円

    12月3日(日)

    • 9:00 受付開始

    第2セッション 個別研究報告

    司会:左右田直規(東京外国語大学)
    9:30-10:10 市川哲(国立民族学博物館)
    世代と地域を通してみたマレーシア華人の多元的な現地化過程 ―サラワク華人のファミリーヒストリーを事例として―
    10:10-10:50 綱島(三宅)郁子(同志社大学)
    現代マレーシア社会における宗教間対話の実態と課題 -少数派のキリスト教共同体の見解に焦点を当てて-
    10:50-11:30 久礼克季(立教大学大学院)
    17世紀ジャワ北岸地域における貿易活動の変化について
    11:30-12:10 奥村育栄(一橋大学大学院)
    教育問題に関する言明を通じたインド人労働者像の構築
    13:00-13:40 伊賀司(神戸大学大学院)
    マレーシアにおけるメディア、政党政治、華人社会 ―MCAの南洋商報買収事件を事例にして―
    13:40-14:20 都築一子(新潟大学大学院)
    英領北ボルネオにおける「1890年代日本人移民」に関する再考 ―移民の実態と対日本木材輸出に及ぼした影響―

    第3セッション マレー世界における分離独立運動の諸相-解決する紛争、しない紛争-

    • 14:20-14:30 趣旨説明 川端隆史(外務省)
    • 14:30-15:00 報告1 塩崎悠輝(同志社大学大学院)
    • 15:00-15:30 報告2 西芳実(東京大学)
    • 15:30-16:00 報告3 川島緑(上智大学)
    • 16:00-16:15 コメント 川端隆史(外務省)
    • 16:15-16:55 総合討論
    • 16:55-17:00 閉会の辞
    スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://quedong.blog16.fc2.com/tb.php/211-c0785d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。