ある文系研究者の日常

2017/04  |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  |  2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第197回東南アジア史学会中部例会

日時:2006年5月27日(土)午後2時-5時
場所:名古屋大学大学院国際開発研究科5階 第6演習室(以下の地図の44番)
http://www.nagoya-u.ac.jp/sogo/higasiyama.html
話者:加藤久美子氏(名古屋大学)
話題:「19世紀半ばのシプソンパンナーとラタナコーシン朝――ムンプンのマハーチャイの証言から」
連絡先:大橋厚子(名古屋大学大学院国際開発研究科)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://quedong.blog16.fc2.com/tb.php/141-c981a33c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。