ある文系研究者の日常

2014/03  |  123456789101112131415161718192021222324252627282930  |  2014/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊池誠一(編)『朱印船貿易絵図の研究』(思文閣、2014)を、執筆者の一人、藤田励夫先生から頂きました。ありがとうございます。

有名な名古屋情妙寺版以外に、九博所蔵の別本もオールカラーで掲載されています。美術史側からの論考も掲載されており、文献屋との違いなども注目して読みたいと思います。お値段がちょっとお高めなので、図書館などでリクエストしていただければと。

スポンサーサイト

年度末にまとめて業績が出ました(年度末にはよくあることw)。

  • 「解説」ジョヴァンニ・フィリッポ・デ・マリニ(著)、新潟大学環東アジア研究センター(編)『《復刊》『トンキン王国の新奇な話』』、新潟:新潟大学人文社会・教育科学系附置環東アジア研究センター、pp.ⅰ-ⅶ、2014年2月。
  • 「ミエン集落磨崖碑と成立期のベトナム後期黎朝」『資料学研究』11、新潟:現代社会研究科プロジェクト「大域的文化システムの再構成に関する資料学的研究」、pp.1-14、2014年3月。
  • 「文理侯陳公補考」『東アジア ――歴史と文化』23、新潟:新潟大学東アジア学会、pp.29-49、2014年3月。
  • 「「華麗なる一族」のつくりかた ――近世ベトナムにおける族結合形成の一形態――」關尾史郎(編)『環東アジア地域の歴史と「情報」』知泉書館、pp.27-57、2014年3月。

機会があればご笑覧下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。