ある文系研究者の日常

2008/12  |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  |  2010/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海域アジア史研究会1月例会のお知らせ

◇日時:2009年1月24日(土) 15:30~18:00
◇場所:大阪大学豊中校舎 文系総合研究棟3階 L4教室
http://www.let.osaka-u.ac.jp/graduate/map.html
上記の豊中キャンパスの地図だと、2番の文学部・文学研究科の南側、38番DonDonという食堂の隣の建物です。
※文系総合研究棟は土日は施錠されています。研究会開始時間前には入口に人を配置して出入りが出来る様にします。
◇内容:
Lucio de Sousa(ルシオ・デ・ソウザ)(New University of Lisbon, Visiting fellow at University of Tokyo):研究報告“The European Merchants from Macao and their trade networks with Japan and the Philippines in the 16th century”

発表自体は英語で行われますが、当日には日本語の要旨を配布いたします。参加予定の方で事前に要旨を希望される方は御連絡下さい。また、質疑応答の際には必要であれば通訳があります。

研究会後には懇親会を予定しております。また、資料代として200円ご用意下さい。

◇問い合わせ先:
海域アジア史研究会ウェブサイト:http://homepage2.nifty.com/PHASU/mah-mirror/
大阪大学大学院文学研究科 東洋史学研究室気付(冨田)
〒560-8532 豊中市待兼山町1-5
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。