ある文系研究者の日常

2007/10  |  123456789101112131415161718192021222324252627282930  |  2007/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海域アジア史研究会11月例会のお知らせ

◇日時:2007年11月24日(土) 13:30~
◇場所:大阪大学豊中校舎 文学部棟2階 史学科共同研究室
http://www.let.osaka-u.ac.jp/graduate/map.html
◇内容:
大谷昇平 氏(大阪大学):史料講読「Crawfurd, Journal of an Embassy to the Courts of Siam and Cochin China
藤田加代子 氏(立命館アジア太平洋大学):研究報告「近世日本人の国境認識と世界イメージ ―冒険譚「阿蘭陀文」の成立と流布を中心に―」
◇問い合わせ先:
海域アジア史研究会ウェブサイト:http://homepage2.nifty.com/PHASU/mah-mirror/
大阪大学大学院文学研究科 東洋史学研究室気付
〒560-8532 豊中市待兼山町1-5
スポンサーサイト

東南アジア学会 第78回研究大会・会員総会

日程:2007年12月8日(土)、12月9日(日)
会場:立教大学新座キャンパス
キャンパス内地図 http://www.rikkyo.ac.jp/grp/kohoka/campusnavi/niiza/index.html
アクセス http://www.rikkyo.ac.jp/grp/kohoka/campusnavi/pmap/niiza.html
大会準備室連絡先:
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
立教大学観光学部交流文化学科 舛谷鋭研究室
東南アジア学会事務局
京都大学地域研究統合情報センター 山本博之研究室
〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町
URL: http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsseas/

12月8日(土)

13:00 受付開始 6号館2階N623教室前
13:30-13:40 開会の辞 6号館2階N623教室 大会準備委員長 舛谷鋭(立教大学)
自由研究発表
(第1会場)6号館2階N623室
13:45-14:20 「クリシェをこえて――サラワク・イバンのプア・クンブ染織布と「首狩りの布」」 長谷川悟郎(京都大学大学院生)
14:25-15:00 「北ラオス村落社会における移動と家族の変容」吉田香世子(京都大学大学院生)
15:05-15:40 「ジャワにおける再イスラーム化と隣人間関係――儀礼変化と女性の役割を中心に」 塩谷もも(東京外国語大学)
15:40-16:00 休憩
16:00-16:35 「インドネシア政変過程における合意形成」増原綾子(東京大学)
16:40-17:15 「インドネシアの地方分権化と民族運動――東カリマンタン州ダヤク民族団体の事例から」 浦野真理子(北星学園大学)
17:20-17:55 「「不自由な民主主義」体制の起源とメディア――左派紙Utusan Melayu(1939-61)とマレー・ナショナリズム」 伊賀司(神戸大学大学院生)
(第2会場)6号館3階N636室
13:45-14:20 「ミャンマー軍政の経済基盤」工藤年博(アジア経済研究所)
14:25-15:00 「20 世紀前半におけるアンボン村落社会の変容――資源管理慣行『サシ』を中心に」 河野佳春(弓削商船高等専門学校)
15:05-15:40 「ベトナム地方都市の工業化――工業区政策の展開とナムディン省の事例」新美達也(中央大学大学院生)
15:40-16:00 休憩
16:00-16:35 「アンコールの交易圏に関する考察――産物と交易品の検討を中心に」松浦史明(上智大学大学院生)
16:40-17:15 「17世紀カンボジアにおける交易状況と交易勢力――イスラーム王ラーマーディパティ1世の治世を中心に」 遠藤正之(立教大学大学院生)
17:20-17:55 「17世紀後半のジャワ北岸地域における貿易と現地勢力の活動の変化について」 久礼克季(立教大学大学院生)
18:30 懇親会
立教大学新座食堂2 階 参加費3,000 円(一般・学生会員ともに)

12 月9 日(日)

9:00 受付開始 6号館2階N623室前
統一シンポジウム「東南アジア研究の最前線――ローカル・エリートと国民国家」 6号館2階N623室
9:30-9:40 趣旨説明 弘末雅士(立教大学)
9:40-10:15 「インドネシア民族主義とバンテン地域社会」藤田英里(広島大学)
10:15-10:50 「ダウド・ブルエとインドネシア共和国独立闘争――脱植民地化期アチェにおけるイスラム教指導者の役割」 西芳実(東京大学)
10:50-11:10 休憩
11:10-11:45 「マレーシアの建国過程におけるプラナカンの役割――サバのマレーシア参加の事例から」 山本博之(京都大学)
11:45-12:20 「開発の時代と仏教――タイ東北地方の開発僧の事例から」泉経武(東南アジア学会会員)
12:20-13:30 昼食休憩
13:30-14:30 会員総会(6 号館2 階N623 室)
14:45-16:15 総合討論
16:15 閉会の辞 5 号館1 階510 号室

してるようですが。

円安に拍車がかかっているようで、もう泣きそう。

来月の海外出張は緊縮生活か?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。