ある文系研究者の日常

2006/11  |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  |  2007/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月返上決定の忙しさで泣きそうな状態。もっとも、ヒマだったとしても、どーせ家でごろごろしてるだけだろうから、これくらいで丁度いいのかも知れない。

とは言いながら、所用で出校すると、帰省中のダイ先輩と遭遇。仕事を済ませてから馴染みの焼き肉屋で忘年会と相成った。S先輩や博論を提出したばかりのA氏とも久闊を除す。じつは、今抱えている仕事の連中でずいぶん前から「一段落着いたら、焼き肉でも食いに行こう。」と励まし合っていたのだが、いっこうに忙しさが減ずる気配もなく、体調を壊す者まで出て、宴会どころではなくなっていた。もちろん今回は事前調査であって、抜け駆けでも何でもない。ご主人夫婦の健在と相変わらずの旨さを確認し、旧交を温めた年の瀬でした。

スポンサーサイト

別府で行った講演の記録が届いた。新聞社と大学のダブル主催だったので、新聞でも1面丸まま使った大きな扱い。さも含蓄あることを言ったかのように編集して頂いてるが、う~ん、いいんだろうか…。ま、他の講演者はみな大物なのでよしとしよう、などと思いながら写真を見ると…。

うぅっ、小指立ててマイク持ってるよ!

古書店のビブリオから閉店の挨拶状が来た。しばらく前に旧南ベトナムで発行された書籍が日本に流れてきてそれを大量入荷したらしく、ここ数年、東京の学会に行く度に出店で数冊ずつ購入していた。弱小学会にも出店を出してくれる有難い本屋だったが、店主が古稀を迎えて体力的にきつくなったとのこと。長い間、お疲れ様でした。

アクセス解析をちょっと辿っていたら、『シルクロードと世界史』(森安孝夫責任編集、阪大COE報告書、2003)がヤフオクで出品されているのを見つけた。これを書いている時点では、1000円で、入札終了まであと5日とのこと。非売品なので、興味がある人にはチャンスかも。訂正と目次はこちら

http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/fs/

学習院大学の田崎先生による力作。宣伝しておきます。また、pdfファイルでちょっと面倒くさいけど、我が待兼山大学の菊池先生による簡潔な解説もオススメです。

打合せに校正と多忙な一日(論文はどーした!)。でも、今日の打合せは意義があった。業績としては申請しにくいけど、意味のあることをやっているんだと自分では思っているが、問題はその意味を他者にどう伝えるか。

で、気が付くと師匠から新たなミッションが。う~ん、時間とれるだろうか…。とはいえ、今から論文を新たに一本作るのは不可能に近いし。どうしたもんだか。

同僚が日本で最も偉大な恐竜であるガチャ師匠の写真を送ってくれた。海遊館で出会ったそうだ。羨ましいぞ!

ガチャ師匠

師匠の活躍をもっと見たい人はYoutubeでも検索してください。

海域アジア史研究会12月例会のお知らせ

◇日時:2006年12月23日(土) 13:30~
◇場所:大阪大学豊中校舎文学部棟2階 史学科共同研究室
http://www.let.osaka-u.ac.jp/graduate/map.html
◇内容:
河上麻由子 氏(九州大学):研究報告「梁の武帝の仏教政策と南海諸国」
◇問い合わせ先:
海域アジア史研究会ウェブサイト:http://homepage2.nifty.com/PHASU/mah-mirror/
大阪大学大学院文学研究科 東洋史学研究室気付
〒560-8532 豊中市待兼山町1-5

恩師

に10年ぶりにお会いした。風の便りで体調を崩したという話も聞いたのだが、学長になって9年、一度も風邪をひいてないとのこと。「行政ばっかりでバカになっちゃったよ」などと寂しげに仰っていたけど、お元気なのは何よりです。お陰で久々の学術シンポでは喋りまくったそうですが、先生らしい(笑)。現状などお話しする中でご心配をおかけしてしまったのは、不肖の学生としてまことに申し訳ない限り。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。