ある文系研究者の日常
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスター同期でドイツに留学したKさんが留学先で博論を提出したらしい。ドイツでは2年以内の出版が義務づけられており、それまでは博士(仮)みたいな学位(?)になるそうな。アメリカも博論を出版することは多いけど、義務ではなかった気がするし、出版しなくても学位に影響はない。オランダなんかでもDegree=Publishが原則らしいので、これは大陸欧州で共通のシステムなのかも知れない。

ドイツの出版事情はよく知らないので、出版にこぎ着けるのがどのくらい大変なのか分からないけど、感心するばかり。とにかく凄い。おめでとう!

[知人の慶事]の続きを読む
スポンサーサイト

Persian Cultural Influences in Southeast Asia: Contacts Between Iran and Siam in the 17th Century

Speaker: Christoph Marcinkowski
Visiting Research Fellow, Institute of Defence and Strategic Studies, Nanyang Technological University
  • Monday, 6 March, 2006
  • 3.00 p.m. – 4.30 p.m.
  • AS7, ARI Seminar Room 04-09 Shaw Foundation Building, National University of Singapore

Abstract

From their imperial capital Isfahan, the rulers of the Persian Safavid dynasty (r. 1501-1722) encouraged contacts with the non-Muslim world. This curiosity in the outside world was shared by the Siamese king Narai (r. 1656-88). His tolerant rule encouraged foreigners from Europe and various Asian countries to settle down at his flourishing royal capital of Ayutthaya, which became known among foreign mariners under the Persian epithet of "Shahr-e Nav". Utilizing parts of the "Ship of Solayman", a Persian travel account by Ebn Mohammad Ebrahim, a member of an Iranian mission to Siam, and other works by European visitors, Dr Marcinkowski unfolds the influences and impact resulting the contacts between Siam and Persia as well as the visual effects in present-day Thailand. He also discusses the community of Persian merchants in Siam, the mysterious "Shaykh Ahmad of Ghom" and the creation of the office of Shaykh al-Islam. The talk is based on Dr Marcinkowski's latest book on this subject, which had been published recently in Singapore.

Speaker

Dr. Christoph Marcinkowski, a German citizen, was born in 1964 in West Berlin. He’s published 7 books and about 50 articles, annually mentioned in Marquis' Who's Who in the World.

He did his MA in 1993 in Iranian Studies (major), Islamic Studies and Political Sciences, from Free University Berlin, Germany (thesis dealing with the State-Shiite clergy relations in Iraq during the last 100 years, updated version published in 2004 in English translation in Singapore). He got his PhD in 1998 in Islamic Civilization from the International Institute of Islamic Thought and Civilization (ISTAC), Kuala Lumpur, Malaysia (award-winning dissertation dealing with 17th-century Persian administration, published in 2002 in Kuala Lumpur, Malaysia). From 1999-2001, he was a Senior Research Fellow, ISTAC. From 2002-2004, he was Associate Professor of History, ISTAC and from 2004-2005, he was Associate Research Scholar and Assistant Editor at Encyclopaedia Iranica, Columbia University, New York City, United States. Since February 2006: Visiting Research Fellow at the Institute of Defence and Strategic Studies (IDSS) at Nanyang Technological University (NTU), Singapore. He is currently writing a book/monograph on Shiism in contemporary Southeast Asia for IDSS. His research interests are Islam in SE Asia (history and current), Persian and Arabic cultural influences in the region. Sufism, Shiism, Islamic philosphy.

Registration

ALL ARE WELCOMEとのことですが、詳しくはARI告知ページをご覧ください。

英語で挨拶状を書く。一応マニュアルはあるけど、まぁ、やっぱりしんどい。論文のサマリーとかなら堪能な人なりネイティブにチェックしてもらうが、さすがに挨拶状まで見てもらうわけにはいかない。さてさて、果たしてこれで通じるのだろうか。

本屋やネットでは理科系のための英文作成マニュアルはそれこそ山ほどあるのだが、文科系向けのものって見たことない。もちろん、文理を問わない『英文作成入門』みたいなものもあるけど、やっぱり痒いところに手が届かない感は強い。誰か『歴史系のための英文作法』とか出してくれないかな。

などと偉そうなことを書いてみたが、そもそも地の英語力が(以下略)

第4回「大阪大学歴史教育研究会」のご案内

第4回研究会を以下のように開催いたします。お忙しい時期とは思いますが、みなさま奮ってご参加ください。

◇日時 2006年3月11日(土) 13:30~17:00
◇会場 大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館 A42演習室(4階)
◇今回のテーマ「北方史の枠組と歴史教育」
(報告者)
中村和之(函館工業高専)-前近代
吉嶺茂樹(北海道当別高校)-近世・近代史
<コメント>藤田明良(海域アジア史・天理大学)

※前回までの活動記録を含めた研究会の詳細については本会HPをご参照ください

参加申し込み・問い合わせ先
桃木至朗
大阪大学文学研究科
560-8532豊中市待兼山町1-5
Email momoki@let.osaka-u.ac.jp(@より前を半角に)
水田大紀(リサーチ・アシスタント)
E-mail: cheshire@sa3.so-net.ne.jp(@より前を半角に)

またもH-SEASIAより

今年のハリー・ベンダ賞(The Benda Prize)の最終候補者が発表された。

Making Enemies: War and State Building in Burma
Making Enemies: War and State Building in BurmaMary P. Callahan

Cornell Univ Pr 2003-12
売り上げランキング : 421,683


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Print and Power: Confuscianism, Communism, and Buddhism in the Making of Modern Vietnam (Southeast Asia)
Print and Power: Confuscianism, Communism, and Buddhism in the Making of Modern Vietnam (Southeast Asia)Shawn Frederick McHale

Univ of Hawaii Pr 2003-12
売り上げランキング : 463,104


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Unplayed Melodies: Javanese Gamelan and the Genesis of Music Theory
Unplayed Melodies: Javanese Gamelan and the Genesis of Music TheoryMarc Perlman

Univ of California Pr 2004-10
売り上げランキング : 853,531


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Power Plays: Wayang Golek Puppet Theater Of West Java (Research in International Studies Southeast Asia Series)
Power Plays: Wayang Golek Puppet Theater Of West Java (Research in International Studies Southeast Asia Series)Andrew N. Weintraub

Ohio Univ Pr 2004-10-31
売り上げランキング : 1,056,973


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Ambition and Identity: Chinese Merchant Elites in Colonial Manila, 1880-1916
Ambition and Identity: Chinese Merchant Elites in Colonial Manila, 1880-1916Andrew R. Wilson

Univ of Hawaii Pr 2004-04
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ん~、どれも読んでないな(笑)。

今日は青丘文庫に論文をコピーしに行った。数年前にコピーして論文にも引用していたのだが、ふと探すと見つからない。家中探してみたがマーフィーの法則通り見つからない。これは、と観念してのこのこ出かける羽目になった。

青丘文庫自体はもちろん朝鮮史関係文献が殆どで、私は朝鮮語が読めないが、『朝鮮学報』などには海域史の論文もあるし、韓国で出された学術雑誌には朝鮮史以外の論文もたくさん載っており、意外と使いでがある。この時期、図書館は受験生で一杯だが、特別閲覧室は無人で静か。コピーが終わったあとも、『朝鮮学報』などをめくって気になる論文を読んだり、漢籍を捲ったりしていたら、閉室の5時を過ぎしまい、呼び出しの電話がかかってきた。自宅で勉強するより捗ったかも?

この前脱稿した論文では宦官を扱ったのだが、その下調べの時にたまたまウェブで文献を検索したら宦官列伝というサイトにぶつかった。プロの研究者でもないのに、文献目録がかなり充実しててびっくりした。こういうマニアックな(失礼)テーマにもサイトができているということ自体が、オタク国家日本の凄いところだと思う。以前、古代トルコ民族史専攻の後輩こと南極先生に、某雪豹さんのサイトを紹介したことがあったが、突厥文字翻字表とか見て泣きそうになってた。ベトナム史については以前紹介した同人誌の制作元のサイトがこれまた凄い。

歴史的にマニアやオタクが多く生息してきた国は発展するのではないか、と個人的に思っているが、こういう事を人に言うときは、研究者を捨ててるので真に受けないように。ご注意あれ。

今日はプロジェクトの会議。去年度の後半は休んでいたので、あんまり発言しない方がいいかなと思っていたのだが、何故かお鉢が回ってくる。議題を先に進めようと整理しながら話したつもりが、ぐだぐだになって逆効果に。甚だ鬱。

とりあえず、今年度の報告書を復習することになったのだが、ゲラ段階のものをコピーしたらむちゃくちゃ分厚くなってしまった。紙の束を前にしてすっかり戦意喪失。

3月に日本物理学会が「ニセ科学」とどう向き合っていくか?というシンポジウムを開催することは新聞でも報道されて、結構話題になったので、知っている人も多いと思う。これに関連して、オーガナイザーの田崎さんにフォーブス(日本版)が取材したが、実際に出た記事が不正確だと田崎さんが抗議している。フォーブス側はこれを受け入れ、次号で訂正文を掲載するそうです。シンポジウムの概要はこちら

とはいえ報道に接したとき、「どう向き合っていくか?」というタイトルにも拘らず、このシンポはニセ科学の氾濫に業を煮やした科学者達がついに立ち上がり、ニセ科学をばったばったと斬りまくるものだ、あるいは、と学会のアカデミックバージョン、と考えた人が多かったのではなかろうか。それこそ科学的な姿勢とは言えないわけだが、私もその一人だった。とはいえ、日本物理学会といえば、とんでも科学(≠ニセ科学)の講演を楽しみに出かける人もいるくらいで、どうしても先入観が。

で、翻って歴史学の場合はどうだろう。ニセ科学じゃなくてとんでも科学の仲間に入るんだろうけど、とんでも史学という強敵がいる。ニセ科学を信じた中小企業が起死回生の新製品開発に乗り出して可哀想な事態に陥ることがあり得るように、『東日流外三郡誌』とか、下手すればあれを元に青森の自治体が巨費を投じて町おこしに打って出た可能性がある。実際、考古学では旧石器捏造問題で秩父の自治体・企業が痛い目に遭っている。そういう意味で、とんでも史学も時には看過できない問題になる。

ユダヤ人なりフリーメーソンが世界を裏から操っているなんて話は、殆どの日本人にとって笑い話以外の何者でもない。ところが小泉内閣による皇室典範改正の企ては皇室断絶と日本滅亡を狙う輩(サヨクとか中国とかが想定されてるらしい)の陰謀だ、なんて話になると、本気にする人もそれなりにいるみたいである。

日本物理学会での講演予定者の一人、天羽さんも関連エントリー

確かに、物理学会 vs. ニセ科学という図式は分かり易いかもしれない。しかし、そういう単純な対立として考えたのでは、ニセ科学をうまく扱うことなどできないだろうというのが私の問題意識である。非科学、未科学、科学に分けたとしても、それぞれグレーゾーンがあり、どう分けるかを考え続けるしかないのではないか。また、科学(技術)スゲエの裏返しで、科学で説明できないことに価値を認めたがる心情が出てくる(にもかかわらず科学に頼ろうとするから話はややこしい)面もあるわけで、単純な対立を煽られても困る。

と釘を刺しているが、歴史も同じようなことが言えるだろう。特に近現代史は感情やアイデンティティの問題も絡んでくるので、ある意味でもっとタチが悪いのかもしれない。フィリピン史におけるボニファシオ論争の話などでは、実証すればそれで済むという話ではない、という意見もある。

何か纏まってないけど、眠たくなったので、この辺で。

今日はかなり早起き(当人比)できた。おっ、今日は行けるかと思ったのだが、そうは問屋が卸さないらしく、午前中に、進行中の企画に関する結構重要なメールが複数来た。特に難しい作業ではなかったのだが、その処理に存外手こずってかなり時間を食ってしまった。こういう裏方仕事は疎かにすると後で倍返しになるので仕方がない。一日で終わってよしとしよう。

誤植

先日、拙稿が刷り上がった。今日、改めてぱらぱら捲ってみたところ、誤植発見。脱稿前に気が付いて直した筈の個所だったのだが、勘違いしていて間違った方に統一してしまった。というか、これは誤植ではなく、誤記だな。

H-SEASIAより

Announcement of the XVth International Congress and the VIIth International Course on Legal Pluralism

The Commission on Folk Law and Legal Pluralism will hold its 15th International Congress in Depok, West Java, Indonesia, June, 29 - July, 2, 2006, with the theme "Law, Power and Culture: Transnational, National and Local Processes in the Context of Legal Pluralism”. The Commission will also organise its 7th International Course on the same theme, in Ciawi/Bogor, West Java, June 24 ? June 27, 2006. Both the Congress and the Course will be hosted jointly by the Faculty of Law and the Centre for Women and Gender's Studies, University of Indonesia, HuMa (Association for Community- and Ecologically Based Law Reform), and the Center for Irrigation, Land and Water Resources and Development Studies (PSI-SDALP UNAND), Andalas University, Padang, West Sumatra.

THE COMMISSION ON FOLK LAW AND LEGAL PLURALISM

The Commission on Folk Law and Legal Pluralism was established in 1978 by the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES). A network of approximately 400 lawyers, anthropologists and other social scientists as well as NGO activists and policy makers representing all regions of the world and concerned with state law, folk law and international law in both theory and practice has participated in the activities of the Commission. The Commission’s primary purpose is to further knowledge and understanding of folk law and legal pluralism, with a focus on theoretical and practical problems resulting from the interaction of many levels of law. The Commission’s current activities are: the issue of an electronic newsletter, the organization of international symposia, and the initiation and encouragement of regional working groups in different parts of the world. The Commission is particularly concerned to further mutual learning and cooperation between scholars and practitioners of northern and southern states. So far, the Commission has organized 14 international conferences, all of which have led to book publications or special issues of international journals.

The Commission has also organized six international courses on issues such as governance, resource rights, human rights, and social, economic and political development from a legal pluralism perspective to contribute to the capacity building of younger academics and practitioners who are confronted with problems of folk law and legal pluralism in their academic or practical work. The Commission members (and its executive board) work on a voluntary basis; the Commission as such is unable to finance major activities but has always attempted to raise funds for participants from less developed regions for whom the cost of attending international meetings is often prohibitive. External funding is essential to undertake these activities.

長いので詳しくはCommission websiteをご覧ください。

ベトナムに留学していた後輩にコピーを頼んでいた史料。近年厳しくなったとはいえ、文書館の原史料がコピーできるベトナムの状況はやはり有難い。同じ漢文史料を使っていても、奈良朝以来の蓄積がある中国史料と比べると、ベトナム史料は現地に行かないとどうしようもない面がある。

つらつら捲っていると、景興24年(1763)の時点で、痔持ちの暗君として有名な呉朝の臥朝皇帝を村落神(城隍thành hoàng)として祀ることを公認されている村が3つもある。この他にも、宦官だったり、ちょっwwwおまwww、こいつかいwwwwと思わず言いたくなるようなシャビーな人物(笑)を祀っている村が結構ある。その割にあっさり祭神を変更したりもする。村落祭神は(北部)ベトナム村落史研究(前近代史に限らない)にとって、かなり重要な研究課題であることは間違いない。史料的にあやふやなこともあって、なかなか手出ししにくいのだが、ここを突破して英語かベトナム語で論文を書ければ、100年残る仕事になるだろう。

私は今のところ深入りするつもりはありませんが、これからベトナム史を志そうという人は是非一発狙って欲しいと思う。ついでに宣伝すると、ベトナム史の権威M師を擁し、中国の村落祭祀研究に金字塔を打ち立てた『総管信仰 ―近世江南農村社会と民間信仰』の著者H島先生が名誉教授を務める待兼山大学東洋史学研究室はこのテーマにぴったり。巷の噂ほど怖いところじゃないので、皆さんどうぞいらっしゃい。そして、既に片足突っ込んでるM野さん、風はあなたに吹いてるぞ。

ベトナム研究者の一部に伝わる箴言に反省しない人にバチは当らないというものがある。

これはかつてベトナム留学が相当な覚悟を要した90年代初頭くらいまでの状況の名残である。どういう謂れかというと、当時の留学生のうち、反省なんか縁のない人たちは留学生活を特に大過なく過ごし、日々反省するような真面目な人たちは、何故か呪われたかのように次々と病魔に襲われたり過労で倒れるなど、不幸な出来事に襲われるということがあった(らしい)のだ。

ちなみに私は前者らしく、日本にいるときは結構風邪とかひいてたのだが、留学中は本当に健康そのものでピンピンしてた。いまやベトナム留学の環境も相当に改善され、反省とは無縁の人もいろいろ被害にあったり、反省が習慣のような人も無事に帰国するような状況になっている。しかし、依然としてこの箴言にはある種の真実味を感じずにはいられない。

いろんなところで話題になっているが、積ん読だった。注や参考文献をWeb公開に回し、可読性を犠牲にして余白も目一杯削ったんだけど、紙や字のサイズはいじれなかったので分厚い上下巻になっちゃいました、ごめんなさいという感じの作り。

梶ピエール先生が纏めてるように、既にあちこちで書評が出ており、読む前から当方はかなりおなか一杯になってる。特にアンドリュー・ネイサンの書評でとどめを刺された感じだ(英語読むのは疲れるし)。この上、矢吹先生の原稿用紙70枚分もの書評なんて読んだ日には、もう読了した気になって2度と手に取らないかも知れない。せっかく買ったのにそれじゃいかんだろう、ということで目次から適当に見繕ってたらたらと拾い読みする。原文がそうなのか翻訳者が上手いのかよく分からないけど、比較的取っつきやすい文体なので、難しいことを考えたり、いちいち注釈と対照させたりしなければ分量の割にさっくり読める。

中身については、上記のいろんな書評で言われなかったような奇抜な感想が出てくるわけもなく、ごくごく平凡な「へぇ~」「ほんまか?」程度。虚々実々の国際政治の現場の割に、善悪がはっきり書き分けられてるからかも。

ベトナム者としては、朱建栄『毛沢東のベトナム戦争』栗原浩英『コミンテルン・システムとインドシナ共産党』あたりと読み比べると面白いかも。栗原先生はコミンテルン文書を使っているからハリディの仕事とも比較できるだろうし。ま、時間がとれればということで。

科研報告書の原稿(というか資料集だけど)をたらたらと一生懸命書く。やっとこ完成させて添付ファイルで代表者のH先生に送り、ふと窓を見やると空が白んでる、いやいや、空だけではなく一面雪景色だ。メールチェックのためにプロバイダのトップページを覗いたら、モーグルの決勝が終わってた。あ゛~、せっかく苦労して朝型に戻したのに…。

しかしどうすっかな

  1. 日曜を口実に酒をかっくらって寝る。
  2. 日曜だからこそ頑張って夜まで勉強。

http://www.visualgui.com/motion/BonjourVietnam.html(Javaスクリプトの実行をonに)

美しいベトナムの風景と曲がマッチしていてすごく良い。研究に疲れた時にでもどうぞ。最初の方に出てきたライトアップされた橋はどこだろう、もしかしてタンロン橋?今年度はベトナムに行けなかったので、ますます行きたくなった。教えてくれたGちゃん、ありがとう。

※アドレスを削った先のページにも動画がありますが、いくつかはベトナム戦争の場面を扱っており、結構えぐい画像も出てきます。ご注意を。

SEA-Mail経由にて

国際交流基金平成18年度アジア次世代リーダーフェローシップ・プログラム フェロー募集

―大学院生、NPOの若手スタッフをアジアへ―

独立行政法人国際交流基金は、アジア地域に共通する課題の解決に取り組むことのできる次世代の人材育成を図るため、日本の大学院生、非営利団体スタッフを対象とした平成18年度アジア次世代リーダーフェローシップ・プログラムを下記の通り実施します。多数のご応募をお待ちしています。

―記―

●応募資格
応募時に以下のすべてに該当する方
(1) 日本国内の大学院に在籍し、アジアを主要な研究対象としている人文・社会科学系の大学院生もしくは、国際交流・国際協力の分野でアジア地域との共同作業を進める日本国内の非営利団体(NGO/NPOの他、地方自治体国際交流協会も含む)の専従スタッフとして2年以上の経験のある方
(2) 年齢が40歳以下の方
(3) 対象国での調査・研究を行う上で必要な語学力を有する方
(4) 日本国籍を有する方、もしくは日本国に永住を許可されている方
●調査・研究実施対象国 アジア・大洋州諸国(東アジア、東南アジア、南アジア、大洋州)
*台湾及び朝鮮民主主義人民共和国は対象になりません。
*大洋州地域としては、キリバス・サモア・ソロモン・ツバル・トンガ・ナウル・バヌアツ・パプアニューギニア・パラオ・フィジー・マーシャル諸島・ミクロネシア(オーストラリア、ニュージーランドは、本プログラムでは対象国とはしません。)
●募集人数
4~5名
●調査・研究期間
3カ月~1年
●出発時期
平成18年9月以降、平成19年3月末まで
●待遇
往復渡航費、月額基本奨学金他諸手当
●調査・研究内容
人文・社会科学分野における関心事項をテーマとする調査・研究。将来的にもアジア・大洋州地域との共同研究や共同作業が企画・実施される可能性が高いテーマでの調査・研究を優先します。(非営利スタッフの大学での研究、大学院生のNPO調査も対象とします。)
●応募書類受付期間
平成18年4月11日(月)~5月5日(金)(5月5日消印有効)
●選考
第1次選考(書類選考): 選考結果は6月中旬までにメールもしくは郵便で通知します。
第2次選考(面接選考、外国語口頭能力試験): 平成18年6月16日(金)~22日(木)の間(所要時間30分程度。詳細は直接連絡します。)
●募集要項の請求・問い合わせ先
募集要項・応募書類をご希望の方は、切手90円を貼付した返信用封筒(長形3号)に住所・氏名を明記して、下記の本プログラム事務局までお送りください。
(財)国際文化交流推進協会(エース・ジャパン)アジア次世代フェロー係
〒107-0052 東京都港区赤坂1-11-28 赤坂1丁目森ビル4F
また、2月中旬以降は国際交流基金ホームページ(http://www.jpf.go.jp/j/)からダウンロードできる予定です。

大阪市立大学大学院文学研究科COE国際シンポジウム

都市文化理論の構築に向けて

Towards the Construction of Urban Cultural Theories

会場:大阪市立大学全学共通教育棟811

2006年3月18日(土)13:00~17:30、3月19日(日)10:00~17:15

第1部〔3月18日(土)13:00~17:30〕
The plural and cosmopolitan culture in Asian cities(アジア諸都市における多元性とコスモポリタンな性格)
Anthony Reid (National University of Singapore) The Cosmopolitan City as an Asian Maritime Tradition(「アジアにおける沿海貿易の伝統としての世界都市」)
濱下 武志(京都大学)Historical Transformation of Coastal Urban City Networks in East China Sea Zone(「東アジア海域における沿海都市間ネットワークの歴史的変遷」)
中川 眞(大阪市立大学)Dynamics of the creation of urban culture in Southeast Asia in the globalized era(「グローバル化時代における東南アジアの都市文化創造のダイナミックス」)
*コメンテーター:大黒 俊二(大阪市立大学)
第2部〔3月19日(日)10:00~17:15〕
都市文化創造のための基礎研究―多元的考察と資源化―(Basic Studies for the Creation of Urban Culture : Plural Analysis and Resource Making)
第1セッション
仁木 宏(大阪市立大学)「前近代日本における都市空間と文化形成」
伊藤 毅(東京大学)「都市・空間・文化」
辛 徳勇(北京大学)「清代都市の路上に見る公共文字情報」
第2セッション
ケ 永成(香港バプテイスト大学)「今日の中国のアーバニズム/都市性―『都市革命?』」
山野 正彦(大阪市立大学)「都市景観の解釈と再構築―文化・政治地理学の視点から―」
関根康正(日本女子大学)「『ストリートの人類学』という構想」
第3セッション
森 洋久(大阪市立大学)「文化資源のための空間情報処理」
高野光平(東京大学)「広告は都市文化の『理想』 を記録する ―初期テレビCMアーカイブスを例に―」
総括討論

入場無料(申し込み不要)

使用言語:1日目は英語のみ、2日目は日本語のみ。

このくそ寒いのに汗が出るのか、という下らないつっこみはおいといて。

早朝、何気なくTạp chí Hán Nôm(『漢喃雜誌』)のバックナンバーをめくっていたら参考資料欄にGo Zhen Feng: Bước đầu tìm hiểu "Đại Việt sử ký tục biên"(「「大越史記続編」初探」)という記事を見つけてびっくり仰天、こんなドンピシャリな論考を見逃していたのか!と己の迂闊さをひとしきり呪う。焦る心を抑えつつ読み進めるとどっかで見たような論の流れ。そういや、この綴りだと著者は中国人だな、ふと冷静になって末尾を見ると…。な~んだ、郭振鋒「《大越史記続編》初探」『東南亜』1989-4の抄訳かよ。ふ~、焦らせやがって。

とはいえ、この郭論文は聞き捨てならない爆弾発言を残している。修士論文執筆時から手紙を送って根拠を聞こうかとも考えていたが、連絡先が分からずそのままにしていた。先年、中国人のベトナム研究者に会ったので聞いたところ、既に物故されているとのこと。博士論文の試問でもこのことについてさらなる調査を行うよう指摘されたが、どこまでやれるか。ちょっと雲を掴むような気分ではある。

部屋の片づけと並行して報告書関連の書き物や校正で終わる。手は動かすけど知的活動からはちょっと遠い一日だった。

ARG最新号(最後の編集日誌欄)で知ったのだが(編集日誌のBlog版はこちら)、産経新聞が自民党が国会改革の一環として国会図書館の独立行政法人化を求める方針を決めたと報じている(記事はこちら)。

記事によると

  1. 関西館の設置や所蔵史料の電子化など「副業」の拡大。
  2. 運営実態の不透明さ。

の2点がかねてより問題視されてきたとのこと。2番目はともかく、1番目が問題となっていると言うことは東洋文庫に国会図書館の支部が置かれていることも問題視される可能性がある(もっとも、これは戦後間もない時点での措置だが)。

産経の記事は短いこともあって、具体的にどういう措置が行われるのか職員の非公務員化くらいしか分からない。予算のこととか、大学だったら競争資金を増やすとかあるけど、多分決まってないのだろう。また、上記2つの点に関して、《いつごろから》《誰が》問題視してきて、《どのような》声を上げてきたのかさっぱり分からない。もちろんこちらも情報を集めてきたわけではないので、誰か言ってる人はいるのでしょう。運営実態にしても叩けば埃のいくらかは出てくると思う。とはいえ、ARG発行者の岡本さんが言うとおり、やりやすそうだから狙い撃ちされたというのが真相に近いと思えて仕方ない。一方で、岡本さんは次のようにも書いている。

今後出されるであろう多くの批判は、おそらく国立国会図書館の文化的な価値や役割を強調するものが多いだろう。社会的な使命を重視する論調も少なくないだろう。私はそのような論点を軽視するわけではないが、国立国会図書館を改革の対象とすることには賛成だ。だが、その改革は国立図書館の使命や役割を根源的に問う発想から生まれなくてはいけない。目玉というのであれば、日本の文化政策・文化行政の改革の目玉という発想で取り組むくらいの覚悟が必要だろう。

それくらいの熱い思いが自民党行政改革推進本部にあるのなら話は違うが、「国会改革の目玉」程度の発想から始まっている今回の提案はとうてい受け入れられない。国立国会図書館から図書館奉仕の提供を受ける権利を持つ日本国民の一人として強くそう思う。

なかなか鋭いと思う。大学独法化関連の議論にも概ね当てはまるのでは無かろうか。

今日は学年末テストなので気が楽。非常勤先に向かう電車の中で脳内論文を2本ほど脱稿。試験監督中にさらに1本完成する。

帰りのバスでその3本を同時に葬りさる大作脳内論文がほぼ完成した。

というサイトがある(http://www.fukkan.com/)。「絶版、品切れ」のため手に入らなかった書籍で復刊を希望するものを投票し、一定数集まったら出版社と交渉して復刊を実現させようとするサイトだ(復刊の形態はいろいろらしい)。

遙か昔にリクエストを出してそしてそんなこととっくの昔に忘れていた石濱裕美子『チベット仏教世界の歴史的研究 』がついに一定数を突破したようで、サイトによれば出版者側は「前向きにご検討頂けるとのこと。」だそうな。期待しつつ今後の推移を見守りたい。票の上積みは今からでもできるので*、関心をお持ちの向きは是非投票を。

* 投票するだけでは購入義務は生じない。復刊が決定した時点で予約を募集し、そこで一定数の予約が集まれば正式に復刊される

人間サンドバッグ。死して屍拾う者無し。

S尾先生、遠路はるばるご臨席くださりありがとうございました。最後のフォローで救われました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。