ある文系研究者の日常

2005/10  |  123456789101112131415161718192021222324252627282930  |  2005/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究会に出席する。客観的に見るとそんなとこに出てる場合ではないのだが、自分の専門ともろかぶりな報告タイトルなんだから出席せざることを得るべからず。しかし、そういう発表を聞いたのは何年ぶりだろう…。マイナー分野ってのはそういうもんだと言ってしまえばそれまでだが。久々に自分の専門に近い報告を聞くのはほんとうに刺激になる。日本史や中国史がうらやましい。

で、結構(かなり?)厳しい意見を述べたのはO氏の大遅刻に苛立っていたとか、自分の目下の仕事のストレス発散がしたかったとか、若い芽は早めに摘んでおかねばという邪悪な思惑からでもなく、U氏の成長を願うが故の愛の鞭なのだ(多分)。

とはいえ、近世ベトナム史においてはたして制度史は成り立ちうるのであろうか?という疑問は払拭しえないものがある。「制度」の定義を変えるという手は一応あるけど、それって面白くないよね。

スポンサーサイト

東南アジア史学会 第74回研究大会

とき:2005年12月10日(土)、12月11日(日)
会場:上智大学四谷キャンパス
〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
大会準備室
上智大学アジア文化研究所 川島 緑 研究室
〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1

プログラム

12月10日(土) 会場:図書館9階921号室

13:00 受付開始
13:30 – 13:40  開会の辞 川島緑(大会準備委員長)
自由論題報告 司会:奥島 美夏(神田外語大学)
13:40 – 14:15 モロ民族革命前夜ミンダナオ島ラナオ地方におけるイスラーム知識人の社会変革運動 川島 緑(上智大学)
14:15 – 14:50 ビルマ式社会主義イデオロギーの形成 中西嘉宏(京都大学大学院)
14:50 – 15:25 スラカルタ宮廷舞踊の2つの系統—アルスな舞踊とメモリアルとしての舞踊— 冨岡 三智(ジャワ舞踊家)
休憩
自由論題報告 司会:大橋 厚子(名古屋大学)
15:45 – 16:20 バンコク朝前期における文書処理システム—クロム・マハータイ(民部省)を事例として— 川口洋史(名古屋大学大学院)
16:20 – 16:55 ベトナム西北地方、黒タイ・ムオンの成立に関する一考察—18、19世紀におけるベトナム王朝との関係分析から— 岡田 雅志(大阪大学大学院)
特別講演(上智大学アジア文化研究所共催) 司会:寺田 勇文(上智大学)
17:00 – 18:00 講演:Reynaldo C. ILETO(レイナルド・C・イレト)Professor and Head, Southeast Asian Studies Program, National University of Singapore.
演題: "Southeast Asian Studies and the Making of Pasyon and Revolution"
18:30 懇親会 会場:上智会館5階第六会議室(参加費を2,000円(一般会員、学生会員共通))

12月11日(日) 会場:図書館9階921号室

統一シンポジウム 東南アジアにおける近代言語の形成:権力、権威、正統性
9:00 受付開始
9:30 – 9:45 趣旨説明 青山亨(東京外国語大学)
9:45 – 10:15 ベトナムにおける近代言語規範化の諸相 岩月純一(一橋大学大学院)
10:15 – 10:45 ラオス語正書法をめぐる議論—フランス植民地期を中心に— 菊池陽子(東京外国語大学)
休憩
11:00 – 11:30 フィリピンの国語制定をめぐる議論—1930年代を中心— 内山 史子(都留文科大学)
11:30 – 12:00 マレーシア地域における言語の表記方法をめぐる議論 山本博之(国立民族学博物館)
昼食休憩
※周辺の飲食店の多くは日曜休業です。出欠葉書にてお弁当をご注文ください
13:00 – 14:30 会員総会
14:40 – 15:25 シンポジウム:コメント
矢野順子(東京外国語大学非常勤講師)・笹川秀夫(上智大学アジア文化研究所)・舟田京子(神田外語大学)
15:25 – 16:25 総合討論
16:25 閉会の辞 桜井由躬雄(会長)

国際シンポジウム:ポルトガルと日本

日時 12月5日・6日
場所 ポルトガル国立古代美術館MUSEU NACIONAL ARTE ANTIGA
主催 東京大学史料編纂所・ポルト大学附属東南アジア研究所
目的 南欧史料を用いたアジア史研究のネットワークを若手研究者から立ち上げる
詳しいプログラムは次のホームページをご参照ください。
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
http://spaces.msn.com/members/luciosousa/

非常勤先から来年度も継続する旨通知が来た。一応現職は来年度まで口が有るはずだが、このシビアな世の中何があるか分からないのでありがたいことです。もし現職をあぼ~んになったとしても非常勤先で図書館が使える(本が借りられる)わけで、これだけでもかなり違う。

などと浮かれて調べ物をしていたら今書いてる論文でとんでもない間違いを発見!(いつものことだが)。いや、危なかったよ。「××の初出は○○で」という単純な事実なのだが、何と自分で作ったデータベースで間違いが発見されてしまったのだ。原因はデータベース内で旧字体と新字体の統一ができていなかったため。漢文東洋史はこういうところがあるから怖い。

公開セミナー「スマトラ沖地震・津波による文書遺産の被災と復興支援」

日時: 2005年12月6日(水)13:00~17:00(12:30受付開始)
会場: 国立国会図書館東京本館 新館講堂
定員: 200名(先着順)
定員になり次第締め切ります。ご参加いただけない場合のみ、ご連絡します。なお、参加証等はございませんので、当日直接会場までお越しください。

プログラム:

基調講演「IFLA/PACの防災プログラムについて」
マリー=テレーズ・バーラモフ(IFLA/PAC国際センター長、フランス国立図書館)
報告「インドネシアにおける被災状況及び復興支援ニーズ」
ダディ P.ラフマナンタ(インドネシア国立図書館長)
報告「スリランカにおける被災状況及び復興支援ニーズ」
ウパリ・アマラシリ(スリランカ国立図書館長)
報告「アチェにおける被災文書の修復活動」
坂本勇(有限会社東京修復保存センター代表)
報告「IFLA/PACアジア地域センターの最近の活動について」
那須雅熙(IFLA/PACアジア地域センター長、国立国会図書館収集部司書監)
* IFLA/PAC:国際図書館連盟資料保存コア活動

申込方法:E-mailまたはFAXで、(1)氏名(ふりがな)、(2)所属、(3)住所、(4)TEL番号、(5)FAX番号、(6)E-mailアドレス及び「公開セミナー参加希望」とご記入のうえ、下記あてにお申し込みください。参加費は無料です。

申込締切:2005年11月18日(金)

申込み・問合わせ先:
国立国会図書館 収集部 資料保存課
申込専用E-mailアドレス:tsunami@ndl.go.jp
FAX:03-3592-0783
TEL:03-3506-3356(直通)
詳しくは、
HP:http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/data_news.html
案内PDF:http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/pdf/seminar_info.pdf
申込PDF:http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/pdf/seminar_apply.pdf
をご覧下さい。

昨年まで同じ研究室にいたPさんが尋ねてくる。今年度から沖縄に居を移したが、資料集めのために東京に行きその帰りに大阪にも立ち寄ったわけだ。

当然沖縄の話になるわけだが、住んでいる人ならではの不満もやっぱりあるようだ。研究の話になるととにかく本がないのが痛いとのこと。琉球大学の図書館は比較的オープンだけど、東南アジア関係の物はやはり少ないそうな。それ以外にもとにかく大阪にいたときは大学で気楽に見られたものが無いので苦労しているとのこと。で、結論としては

待兼山大の諸君はすっごい恵まれた環境に居るんだからもっとそれを自覚しなさい。

ごもっともです。私も横浜から来たときは「おぉ、こんなモノまであるよ!」と毎日のように感動してたもんです。慣れというのは恐ろしい。

東南アジア史学会第323回関西例会のお知らせ

  • 日時:2005年11月19日(土)13:30-16:30
  • 場所:大阪駅前第2ビル6階・大阪市立大学文化交流センター・大セミナー室
  • 話題1:上田 新也(広島大学大学院文学研究科)「制度面からみた黎王朝と鄭氏政権の関係」
  • 話題2:岡田 雅志(大阪大学大学院文学研究科)「ベトナム西北地方、黒タイ・ムオンの成立に関する一考察 ――18、19世紀におけるベトナム王朝との関係分析から」
  • 参加費:一般400円 大学院生200円 学部学生無料
  • 連絡先:〒558-8585 大阪府大阪市住吉区杉本3-3-138 大阪市立大学文学部 早瀬晋三研究室

※非会員の参加も自由です。

平成15~17年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))「不可視の時代の東南アジア史:文献史料読解による脱構築」研究会

  • 日時:2005年11月19日(土)16:30から(東南アジア史学会関西例会終了後)
  • 場所:大阪駅前第2ビル6階・大阪市立大学文化交流センター・大セミナー室
  • 報告者:岡本弘道
  • 話題:「18世紀を中心に見た漢籍地理書中の東南アジア」(仮題)
  • 報告者:桑原季雄
  • 話題:「ヌグリスンビランにおける土着のリーダーと英国植民地政府」(仮題)

※科研の研究会ですが、参加自由です。

科研ウェブサイト

東南アジア史学会関東部会11月例会のご案内

  • 日時:11月26日(土)午後2時30分より
  • 会場:東京大学赤門総合研究棟8階 849号教室
  • 本郷の東京大学の赤門を入ってすぐ右手の建物が赤門総合研究棟です。そこのロビーを入り、左奥のエレベータで8階にお上がり下さい。
  • 報告:新井和広(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所非常勤研究員)
  • 題名:「ある飢饉の記録:南アラビア・ハドラマウト地方と日本による東南アジア占領」
  • 参加費:一般200円、学生100円
  • 連絡先 関東地区委員 奈良修一

報告内容

日本による東南アジア占領の影響を考える際、一番関心を集めるのは占領下の地域で何が起こったのかという問題である。しかし、第二次世界大戦は東南アジアが他のインド洋沿岸地域から切り離された時期でもあった。本発表では、この時期に南アラビアのハドラマウト地方に起こった変化を例にとり、日本の東南アジア占領によって、インド洋世界にどのような変化が起こったのかを考察する。

ハドラマウトは全体的に乾燥した土地で、内陸部のワーディーにおけるナツメヤシ栽培や養蜂業、アラビア海沿岸部の漁業などを除くと、目立った産業は見られない。そのためこの地域は余剰人口を外部に排出し続けることで社会を維持してきた。ハドラマウトの人々が18世紀以降、活発に移民したのは東南アジア島嶼部(インドネシア、シンガポール、マレーシア、フィリピン南部)であり。20世紀初めには東南アジアからの送金がハドラマウト経済で大きな役割を担っていた。

本発表では大英図書館インディア・オフィス所蔵のアデン保護領関係文書を基に、東南アジアからハドラマウトへの送金の具体例、また外部からの資金がハドラマウトの政治・経済にどのような影響を与えたのかを示す。更に、第二次世界大戦の勃発と日本の東南アジア占領によって、ハドラマウト経済がどのような打撃を受けたのか、またそれによってハドラマウトからの移民パターンがどのように変化したのかを議論する。

この2ヶ月ほど400通/週で安定していたスパムメールが増加して、500通/週に迫る勢い。主力はいろんなところで猖獗を極めているinfo系。全部プロバイダ側のフィルタではじいてるので特に実害はないけど鬱陶しいのは確か。

遅れていた某原稿をなんとかあげる。

そのせいで自室が足の踏み場もなくなってたので、居間で寝たら風邪を引いてしまった。自業自得とはまさにこのこと。

で、予定を逆算するとますます苦しくなっている。少なくとも来年度一杯落ち着く閑もない。などと落ち込んでいたのだが、先年の某先輩の話を聞くとわたしなんかより遙かにハードスケジュール。もちろんちゃんと完遂してる。

つまりそれって、要するに俺が怠惰で無能ってことだよな…。

現在の日本の教育は、知識優先教育、受験技術優先の弊害が出ています。学歴偏重と拝金主義が進み、学生が勉強の意義を見失っています。自己中心的な人が増えて、家族意識、互助精神、愛国心、倫理感、等が薄れ公徳心という言葉さえ聞かれなくなって、精神的荒廃が進んでいるように見えます。 私は日本の教育をもっと人間として大切なものを教える教育にすべきだと考えています。自立する強さと、他人への思いやりあるやさしい心を持った、バランスの取れた人間教育を目標にして、(1)独立心と自分の考えを他人に理解させる能力を育てる教育。(2)個性を大事にして、創造性を豊かにする教育。(3)家庭と地域(社会)と学校が協力して進める教育。に改めるべきだと思っています。「中高一貫教育」や試験に通れば年齢に関係なく大学にでも行ける「飛び級制」の検討も進めてきましたが、学歴偏重など現状に対する反省に立って、親も本人も選択の幅を広げられる環境を整備することが大切だと思います。要約すれば、幾つかの道の中から、独自の勉強の仕方が選択できる方式を導入すべきだと考えています。

新文部科学大臣が大臣就任前からHPに載せていた教育政策である。どうもゆとり教育路線支持のように見える。中山大臣からどう変わるのか変わらないのかちょっと見物だ。

共同記者会見の要旨もHPに載っているが、アニメ・スポーツ・先端科学の順番。構造不況だからある意味仕方ないけど、人文系研究者の未来が急に明るくなることはなさそうだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。