ある文系研究者の日常

2005/09  |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  |  2005/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際シンポジウム「中世東シナ海と交易」開催要項(案)

  • 日程 2005年12月24日13:00~25日15:40
  • 場所 国立歴史民俗博物館 講堂
  • 参加者は研究者(一般向けではない)
24日(土)
13:00~13:15 開会の辞、趣旨説明
第一部 東シナ海の島々
13:15~14:05 橋本 雄(九州国立博物館)「喜界島・南西諸島の中世〈仮題〉」
14:05~14:55 藤田明良(天理大学)「東アジアの海域交流と済州島」
14:55~15:45 謝 明良(台湾大学)「陶磁器から見た17世紀のフォルモサ(台湾)」
15:45~16:00 休憩
16:00~17:00 討論 司会:関 周一(つくば国際大学)

〈懇親会〉 国立歴史民俗博物館 レストラン

25日(日)
第二部 モノと流通
09:30~10:20 上田秀夫(山口県立萩美術館・浦上記念館)「竜泉BY24出土青磁と日本出土の竜泉窯青磁碗〈仮題〉」
10:20~11:10 韓 盛旭(韓国松廣寺博物館)「日本出土の高麗青磁の特徴」
11:10~12:00 新田栄治(鹿児島大学)「近世初期薩摩の対東南アジア交渉-ものと史料から-」
12:00~13:00 休憩
13:00~13:50 小野正敏(国立歴史民俗博物館)「日本における威信財としての中国陶磁とその流通」
14:00~15:30 総合討論 司会:小野正敏、関 周一
15:30~15:40 閉会の辞
  • 参加費 無料
  • 懇親会費 5000円程度
  • 主催:科研「前近代の東アジア海域における唐物と南蛮物の交易とその意義」(企画展「東アジア中世海道-海商・港・沈没船」と連動)
スポンサーサイト

有用ページへのリンクのページに入れていた大学を巡る用語集(Ruchi先生謹製)がいつの間にか消滅していた。結構本質を突いてるなぁという部分もあっただけに残念。

科研近代世界システム以前の諸地域システムと広域ネットワーク研究会

International Workshop on "Criticism to Sinocentrism: From Inside and Outside"

  • ○日時:2005年10月22日 (土曜日)13時30分~
  • ○場所:大阪大学豊中キャンパス待兼山会館2F会議室
  • ○内容
  • (1)上田信(立教大学)「東ユーラシアという歴史的枠組みの有効性」(日本語)
  • (2)Ricardo Duchesne(The University of New Brunswick, Canada)"Was the rise of the West informed primarily by the assimilation of Eastern inventions diffused across the "Chinese-led" global economy?" (報告英語、質疑応答は通訳あり)
  • Synopsis:

    This is one in the series of seminars and workshops that has been held since 2004 by Osaka-based historians, including (a) Asianists who have been studying regional systems and supra-regional networks to overcome conventional nation-state-oriented histories, and (b) specialists in global history and modern world-system analysis who pay more serious attention to the issue of the position of Asia in their frameworks than did their predecessors.

    This time, we are going to deal with Sinocentrism, which will be examined within two contexts. First, Professor Ueda, a specialist of early-modern China, will attempt to deconstruct the conventional Sinocentric views on the Chinese Empires and the Sinic Worlds, which have long been dominant throughout Asian studies in Japan. His new viewpoints will stimulate fresh and wide discussions among not only Sinologists but also researchers working on other branches of Asian Studies such as Japan, Korea, Southeast Asia, and Central Asia, who have been disassociated from each other partly due to the academic gravity of Sinocentrism in the field of Asian studies.

    Second, Professor Duchesne, who is working on the intellectual history of Western civilisation, will critically examine recent trends in global history, which tend to overemphasise the significance of China's early development, and will present his own views on the rise of the West. If such an overemphasis (that has often been based on incomprehensive understanding of Chinese scholarship) was made in order to simply reverse the traditional or naive Eurocentrism, it would not escape being counter-criticised by "revisionist" Western historians.

    The organizers hope that this Workshop will result in deeper understanding of China before the modern era in global perspective, and promote a fruitful dialogue between those scholars who usually work in Asian languages and those others who usually work in European languages.

    This Workshop is supported by the Suntory Foundation and by the Grants-in-Aid for Scientific Research, Japan Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.

何気なくテレビを点けるとダンスグループが踊っている。ん、なんだこの懐かしい電子音は?スターソルジャーのテーマだとぉう。中央のDJボックスにいるのは…、あ、あんたは!!

さすがに往年と比べて連射スピードは落ちてるようだったが、あまりに懐かしい。覚醒剤疑惑や死亡疑惑もたびたび流れたが、じつはハドソンのお偉いさんだったとか言う話自体すでに昔話になってしまったが。

そういえば、毛利名人は?

◇海域アジア史研究会10月例会

○日時:2005年10月21日(金) 18:00~

○場所:大阪大学豊中校舎文学部棟2F史学科共同研究室

○報告者:太田淳 氏(日本学術振興会特別研究員)

○タイトル:「18世紀後半、東南アジア島嶼部における交易パターンの変容:広東貿易、アヘン、「海賊」のインパクト」

海域アジア史研究会ウェブサイト

ここんとこ殆ど放置状態でしたが、いろいろ仕事や用事をため込んでしまい、うっかりエントリーなんか上げてるのを見つかると「んな閑あったら○○せんかい!」と言われかねない状況だった。

とりあえず、3つほど片づけたが、さて残りは1、2、3、4....orz。

いや、ため込んだ自分が悪いんですけど。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。